活動報告ブログ


東 充洋の議員活動をご報告します。

ブログ一覧

平成29年上牧町議会第二回臨時会報告

 平成29年上牧町議会第二回臨時会が8月2日に開かれました。

町提出議案は、議第1号 上牧第二小学校水泳プール改築工事請負契約の締結について、議第2号 上牧中学校渡り廊下改築工事請負契約の締結についての2議案が上程され、本会議審議が行われました。

議第1号 上牧第二小学校水泳プール改築工事請負契約の締結についての内容は、以下のとおりです。                                      契約の方式は、総合評価落札方式                           入札参加は1社                                  工事期間は契約の日から平成30年3月31日まで                   工事金額(消費税含む)149,990,400円                      契約の相手方 村本建設 奈良本店

議第2号 上牧中学校渡り廊下改築工事請負契約の締結についての内容は、以下のとおりです。                                      契約の方式は、総合評価落札方式                           入札参加は1社                                  工事期間は契約の日から平成30年1月31日まで                   工事金額(消費税含む)69,120,000円                             契約の相手方 村本建設 奈良本店                           

最近の上牧町における公共事業の特徴は、入札に対する応札業者が1社、多くて2社という状況です。不思議な現象です。       また、入札方式が『総合評価落札方式』で行われています。私は、質疑で「地方公共団体で総合評価を行う場合は、総合評価落札方式の運用決定、評価方式の決定、落札者の決定の各段階において学識経験を有する2人り以上の意見を聴かなければならないとされているが、意見を聴いた学識経験者はどなたか?」と質問しました。

回答は、「奈良県技術担当者の意見を段階ごとに拝聴して決定した。」

日本共産党上牧町議員団は2議案について賛成しました。以上、報告いたします。

2017年8月5日 | カテゴリー : 活動報告 | 投稿者 : 東充洋

平成29年第2回上牧町議会臨時会の議会運営委員会が開かれました

議会運営委員会の審議結果についてお知らせいたします。

町提出議案は、①上牧第二小学校水泳プール改築工事請負契約の締結について、②上牧中学校渡り廊下改築工事請負契約の締結についての2議案が上程されました。

議会運営委員会では、上記の2議案を常任委員会に付託するか本会議審議にするかを審議した結果、本会議審議に決まりました。

また、会期日程についての審議の結果、8月2日(水)の一日間と決まりました。

開会時間は、午前10時からと決まりました。

みなさんの議会傍聴をお待ちしています。YouTubeでも視聴できます。

ネット中継は、議会の情報をみなさんと共有するための手段です。是非、視聴していただきますようお願いいたします。

2017年7月31日 | カテゴリー : 活動報告 | 投稿者 : 東充洋

NPO法人『楽しいまちづくりの会』総会が開かれました

 7月22日(土)、2000年会館でNPO法人『楽しいまちづくりの会』(以後、楽まち)の定期総会が開かれました。また、設立5周年の節目を迎え記念事業が行われました。

午後1時30分に開会された定期総会では、第1号議案 平成28年度事業報告、第2号議案 決算報告、第3号議案 平成29年度事業計画(案)、第4号議案 平成29年度予算(案)、第5号議案 理事改選について全議案承認されました。

楽まちの5年間の歩みは、住民・議会・行政が責任と役割を自覚し、それぞれが持つ知識と力を結集して、協働のまちづくりを実践し、その礎づくりとしての役割を果たしてこられました。

楽まちは、これまでに滝川における清らかな水辺の創造計画(基本設計)策定業務とまち歩きによるまちづくり支援事業に取り組んでこられました。

結果、滝川における清らかな水辺の創造計画においては、平成30年にモデル地区での工事が着工予定となっています。まち歩きによるまちづくり支援事業では、上牧町は素案をもとに、条例が定められ、平成29年度に「上牧町バリアフリー基本構想策定委員会」を立ち上げる事になっているとの報告がありました。

 

 

今後の活動として

バリアフリー基本構想策定事業

 

滝川の活性化関連

 

新規事業 住民のみなさんからの提案     を求めています。

 

楽まちの益々のご活躍にご期待申し上げます

 

 第2部では、5周年記念事業として記念講演が行われました。

講演者は、帝塚山大学の蓮花一己学長でした。

蓮花学長は心理学者として「高齢ドライバーは危ないのか?-加齢による運転行動リスクとその対策」についてこれまでの調査・研究を踏まえて、ユーモアも交えながらわれわれにも理解できるような講演を行っていただきました。

年齢を重ねると信じられない行動をしてしまうことがあったり、交差点などでの左右確認が不十分。見通しの悪い交差点や一時停止交差点で一時停止をしない傾向があるなど調査・研究で明らかにされていました。

提言として、50代、60代で教習所のリフレッシュ教習を受けて、悪い癖を改善させよう。また、車の購入時には安全装備がたくさん付いている車を購入したほうが良い。と言うことでした。

車の運転時、歩行時の安全については常に心がけます。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月26日 | カテゴリー : 活動報告 | 投稿者 : 東充洋

第6回上牧町議会報告『みなさんと語り合う座談会』が開催されました

 7月22日(土)、午前10時より、上牧町議会が主催する第6回議会報告『みなさんと語り合う座談会』開催されました。

第5回議会報告『みなさんと語り合う座談会』で、みなさんから寄せられたアンケートにおいて議会報告会を年2回開催してほしいという要望が多数あり、年2回開催することになりました。

今回から、事前に町民のみなさんの意見や要望をいただけるように議会へのメール、役場、片岡台出張所、保健福祉センターに受付BOXを設置しました。

意見要望は20通寄せられました。議員懇談会を開き、意見や要望について、総務建設委員会・文教厚生委員会に振り分け、項目ごとに各議員が回答・説明をする分担を決めました。

私は、住民のみなさんから頂いた要望で『町道の維持管理』についてを担当しました。

みなさんからの要望は、議会ごとに各議員が指摘している箇所であるため、町の道路改修計画や平成29年度予算における計画について説明しました。

危険個所については、議会で予算要望して改善するよう求めていきます。

 石丸典子議員は、文教厚生委員会に振り分けられた質問・要望について説明や回答を行いました。

土曜日の午前ということでお忙しい中、多数ご参加いただきありがとうございました。

みなさんから寄せられた意見や要望につきましては、議員が分担して議会で取り上げてまいります。

上牧町の答弁や問題点に対する対応については、議会ホームページ等でお知らせしてまいります。

今回、議会からは『平成29年度予算の主な事業』について報告させていただきました。

次回、第7回議会報告『みなさんと語り合う座談会』では、『平成28年度決算の特徴点』が報告されるのではないかと思われます。

議会と町民のみなさんとの『情報の共有』を大きな柱として意義ある議会報告『みなさんと語り合う座談会』になりますよう議員も一層努力して参ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月25日 | カテゴリー : 活動報告 | 投稿者 : 東充洋

日本共産党上牧町議員団議会報告会を開きました

 日本共産党上牧町議員団の平成29年6月議会の報告会を6月9日に上牧町2000年会館で行いました。

最初の報告は、町民のみなさんにお願いをしていました「住民アンケート」180名の方々からお寄せいただいた第1次分の集計が完了した内容が報告されました。

石丸典子町議からは、平成29年度当初予算は3月に町長選挙が行われたため、「骨格予算」計上されましたが、6月議会で約1億円が町長施策として計上された特徴と一般質問を行った内容が報告されました。

私、東充洋は、総務建設委員会で審議された一般会計補正予算の特徴、特に町内小中学校(全校)にエアコン設置する費用、コストを調査するための調査委託料が計上された事について、私と町長とのやりとりについて

東議員は、「学校生活における自然環境は、われわれが経験した時代と大きく変化していると言われ、高温多湿は一層悪化していると専門家が指摘している。この問題は、上牧町だけでなく全国市町村の問題であり、町内全小中学校にエアコンを取り付けるためには、国や県補助金が必要との説明があったが、今中町長は国・県に対して町村会で予算要望を強固に押し進めていただき、全小中学校にエアコンを設置できるよう取り組んでいただきたい」と町長に答弁を求めました

今中町長は「小中学校エアコン設置については、設置するに必要な費用が今回の調査で明らかになり、結果を議会に速やかに報告し、財政的にクリアーでき、議会の承認が得られるのなら、私は、財政調整基金を取り崩してでも平成30年度当初予算に計上したいという思いがある」との答弁がありました。

一般質問は、来年度(平成30年)から国民健康保険がこれまで市町村それぞれが保険者であったが、県が保険者となって県に収める「納付金」が定められ、各市町村がm県に収めることになります。各市町村で徴収される国民健康保険料(税)が滞納があっても県が定めた「納付金」を100%納めなければならないため、生活苦で高い保険料(税)滞納されている住民に厳しい取り立てが行われるのではないかという心配がある点、みなさんからお寄せいただいた「住民アンケート」でも国民健康保険税を引き下げてほしいという要望がたくさん寄せられている。県が保険者になることによって、一層、国民健康保険税が引き上げられるのではないかと質問しました。

回答は、「今回奈良県が保険者となる国民健康保険は、所得等の条件が同じであれば、どこに住んでも同じ保険料(税)になる。また、試算があ行われたが、国からの数値などが確定していないため、「納付金額」とうなまだ定まっていない。定まれば議会に報告する。保険税の引き下げについては、今後も県と市町村の会議が開かれるので上牧町の実情を説明していきたい」という回答でした。

 

今井光子県会議員からは、核兵器禁止についてのこれまでの出来事や運動の様子、今後の取り組みについての報告と訴えがプロジェクターをつかって行われました。

議会報告会は、日曜日の午前10時から行いました。多数の町民の方々にお越しいただき、現在の生活状況で困っている切実な状況などお聞かせいただきました。お聞かせいただいた要望は、偽果で取り上げみなさんと一緒に実現できるよう取り組んでまいります。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年7月11日 | カテゴリー : 活動報告 | 投稿者 : 東充洋